綜合ユニコム株式会社




ホスピタリティビジネスの事業指標モデル

ライフスタイルセンター

 ライフスタイルセンターとは、ショッピンセンター(以下SC)への来客者を地域に暮らす生活者として位置づけ、住民の優良な生活を提案するコミュニティ型のSCのことである。広域商圏のリージョナルSCと近隣商圏のネイバーフッド型SCの中間領域であるコミュニティ型S Cに替わるSCとして位置づけられる。商圏は概ね5〜10Km、背景人口10 万人〜30 万人が目安となる。

 小売総売上高は97 年の約148 兆円をピークとして減少し06 年では約135兆円、8.5%のマイナスである。SC総売上高のピークは99 年であるが、小売業全体の売上高ほどの落ち込みはなく、SCは06 年売上高26.8 兆円、19.8%のシェアを占めている。



 SCの推移をみると、00 年大店立地法の施行による規制緩和の影響もあり、91 年から06 年まで15 年間でSCの店舗数は2 倍、店舗面積は3 倍に増加しておりSCの規模拡大が進んでいる。しかし、前記のとおり小売業総体の売上額は縮小しており、SCにおいても店舗当たりの売上効率は、半分近くに落ち込んでいる。〔図表2〕




《事業指標》
  • 大都市の近郊のロードサイド立地の事業モデル。延床面積20,000 u、総事業費は21.5 億。〔図表3〕
  • 賃貸面積は14,000 uで、年間営業収入4 億6,968 万円、年間営業支出1 億6,242 万円。〔図表4、5〕
  • NOI(金利償却前利益)3 億726 万円、対売上利益率65.42%、NOI 利回り14.27%。〔図表5〕

    事業収支表(図表3〜5)は【PDF版:34kb】を参照してください。




  • お問合せ
     企画調査部
     tel.03-3563-0038
     fax.03-3564-2500

    業務のご案内





    お問合せは、下記フォームにてお願いします。


    お名前(必須)


    メールアドレス(必須)


    電話番号


    メッセージ(必須)