綜合ユニコム|「宿泊ビジネス研究セミナー」のご案内 [ホームへ戻る]

セミナーお申込み


観光宿泊需要増大に伴い、旅館・観光ホテルへの投資に注目が高まる今、
最新指標をもとにした事業構造把握と各経営数値の分析、投資判断のためのチェックポイントを徹底解説
投資した旅館・観光ホテルの利益改善の方策も具体的に提示

 
退去時に増えるトラブルの未然防止をいかに図るか
観光型宿泊事業(旅館・観光ホテル)投資における
[経営数値分析]と[利益改善]実務講座

◆観光型宿泊事業(旅館・観光ホテル)の事業構造・経営指標を解説
◆投資判断のための事業・財務・法務・不動産に関わる詳細チェック項目を開示
◆利益貢献に資する営業、経営、運営の改善や利益向上のための手法とは

ご案内
 インバウンドの躍進、国内観光市場の伸びから、宿泊事業への投資が引き続き活発です。都市にあるホテルも、いまや6割が観光目的客と推計され、特に観光型宿泊施設(旅館・観光ホテル)には、国内外の投資家から、収益ビジネスとしての投資熱が湧き出ています。しかし、宿泊事業としての経営の難しさもあることから、再生局面にある旅館・観光ホテルも多く、経営数値や課題抽出の実態をつかむための評価手法の把握が求められています。
 本セミナーは、旅館・観光ホテル投資に際しての評価、価値についてどのように理解すべきか、ベンチマークできる指標を把握するとともに、事業、財務、法務、不動産デューデリジェンスの目線を確認し、投資判断の方法を学んでまいります。その上で抽出された課題に対してどのような改善策を講じるか、今後の成長が期待できる旅館・観光ホテルの運営手法についても、徹底解説してまいります。

印刷用PDF(648KB)

セミナープログラム&タイムスケジュール 

13:00〜17:00 ※途中休憩を挟んで進行してまいります

T. 観光型宿泊事業(旅館・観光ホテル)の現状
 ――投資か、再生か、開発か。多様な局面にある観光型宿泊事業


U. 観光型宿泊事業の今日的構造と、経営数字ベンチマーク
 1. 投資判断のための事業評価の内容と考え方
 2. 外部環境分析
 3. 運営数値分析(売上分析)
 4. 運営数値分析(コスト分析)、GOP(営業利益)分析

  原価率の適正化と顧客満足との相関関係/人件費の適正化と生産性の向上/経費の適正化
 5. 売上構成およびコスト構造の現状確認の目線
 6. 経営/運営/調理体制
 7. 情報システム

V. 投資判断における財務・法務・不動産デューデリジェンスのポイントと投資スキーム
 1. 財務デューデリジェンス上のポイント
  (会計処理基準、勘定科目設定ルール、実質純資産額の試算、資金繰りの特徴、
   公租公課の納付状況の確認[固定資産税・入湯税・社会保険料等]等)
 2. 法務デューデリジェンス上のポイント
  (許認可、温泉権、労務問題[労働時間管理・時間外労働、過去の行政処分等]、資産に関する
   個人所有と法人所有の整理等)
 3. 不動産デューデリジェンス上のポイント(遵法性、環境問題[PCB・アスベスト等]、耐震問題等)
 4. 旅館・観光ホテルに期待される利回りの水準
 5. 旅館・観光ホテルの価値を左右する、その他ポイントとは
 6. 投資スキームの検討
 7. 運営会社との契約形態


W. 利益改善に必要なステップとは
 1. 集客戦略の見直し
 2. 食材費・人件費・営業費・エネルギー費等のコストコントロールの徹底
 3. CAPEX(資本的支出、更新投資)への考え方
 4. 具体事例にみる利益改善策


X. 質疑応答
 

 
 
 

開催日時 2018年2月9日(金) 13:00〜17:00

会場 アイビーホール
東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL 03-3409-8181
※詳しい会場案内図は参加証にてお知らせいたします。
参加費 43,200円(1名様につき/消費税および地方消費税 3,200円含む)
●同一申込書にて2名以上参加の場合は
 38,880円(1名様につき/消費税および地方消費税 2,880円含む)
※テキスト・コーヒー代を含む。
▼内容に関するお問合せは
綜合ユニコム株式会社 企画事業部
TEL.03-3563-0099

講師プロフィール
  高橋 祐一 (たかはし ゆういち)
株式会社咲楽(さくら) 代表取締役

・2002年、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。
・2002年、朝日アーサーアンダーセン株式会社(後のベリングポイント、現PwCグループ)入社。
・2006年、公認会計士資格取得。再生ファンド運営会社における製造業の再生業務を担当。
・2008年、株式会社ジェイ・ウィル・パートナーズ/ジェイ・ウィル・アドバンス入社。旅館・ホテルの投資・再生事業責任者として 従事し、複数の旅館・観光ホテルへの投資・アセットマネジメントを実行(投資先の旅館・観光ホテルの経営・運営に取締役として関与)。
・2013年、株式会社咲楽を設立し、代表取締役に就任。
・2017年、ホテル・旅館の運営会社として、株式会社ケラスス ホテル&リョカンを設立し、代表取締役に就任。
・2018年、第1号運営施設として、東京・神保町にて『SAKU REN JIMBOCHO』を開業予定。
・全国地方銀行協会セミナー「旅館・ホテル業の経営改善指導、再生支援」の講師を担当。

Copyright 2017 SOGO UNICOM Co.,ltd. All rights reserved.

[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0099 E-mail