臨時国会にIR実施法案が提出されます。日本の未来の成長戦略として産業界・
地域経済界をあげて、日本型IR(統合型リゾート)のあり方への国民的議論が求められます。
日本型IRの新しい観光産業創造に向け、そのあるべき方向性を多角的な視点
から検証し、“新しい観光産業のビジネスモデル”を探ります。



 

参加費 :有料 3,000円(1講座1名様につき。消費税込)
定員:100名(定員に到達次第締切らせていただきます)
お申込み:右の『受講お申込み』ボタンをクリックしてください。
 申込みフォームのページが開きます。
 お申込み完了後、参加証を表示するための確認メールが登録いただいた
 メールアドレスへ返信されますので、参加証をプリントアウトして
 当日会場までお持ち下さい。
 参加費は
開催当日に各フォーラム会場の受付にてお支払いください。

※確認メールが届かない場合は、お申込みが正しく受付けられなかった可能性が
 あります。お手数ですが再度お申し込みいただくか、事務局までご連絡ください。

※定員到達により締切となった講座も、当日のキャンセル状況により受講できる
 場合がございます。ご希望のお客様は当日、該当講座のセミナー会場にて
 ご確認ください。
※講演企業・演題が変更される場合がございます。ご了承ください。
※弊社の個人情報保護方針はこちらにて公表しております。


開催概要
 
名 称 : 日本型IR(統合型リゾート)開発フォーラム2017
 
会 期 : 2017年10月19日(木)10:30〜15:30

会 場 : 東京ビッグサイト西3・4ホール
『レジャー&サービス産業展2017』内特設会場
〒135-0063東京都江東区有明3-11-1 TEL.03-5530-1111
参加費: 3,000円(1講座1名様につき。消費税込)
展示会入場形式: 限定招待制(招待券配布・入場登録制/入場無料)
主 催 : 綜合ユニコム株式会社
事務局 : 綜合ユニコム株式会社 プロジェクト事業部
〒104-0031 東京都中央区京橋2-10-2 ぬ利彦ビル南館
TEL.03-3563-0420(直通)/FAX.03-3564-2560


プログラム


A-1 10:30〜12:10 参加費3,000円 【A会場】

公共政策としての日本型IR制度設計と観光先進国の実現にむけて

第1部 10:30〜11:20[日本型IRの制度設計]

「観光先進国」実現に向けた公共政策としての
日本型IR(統合型リゾート)開発の条件

○公共政策としての「日本型IR」とは。その根本原則
○世界で勝ち抜くMICEビジネスの確立
○滞在型観光モデルの確立
○世界に向けた日本の魅力発信
○IR制度の枠組み(IR区域・IR施設・IR事業者カジノ規制・弊害防止対策・公租公課等)


美原 融
大阪商業大学 総合経営学部 教授
アミューズメント産業研究所 所長
特定複合観光施設区域整備推進会議 委員

みはら・とおる●一橋大学経済学部卒業。三井物産梶A且O井物産戦略研究所を経て、大阪商業大学教授。株原融事務所代表取締役、東洋大学大学院客員教授を兼務。専門は公民連携制度手法論。2001年以降、日本プロジェクト産業協議会「複合観光施設研究会」主査として全国の自治体によるカジノ研究を支援・補佐する。国際観光産業振興議員連盟(IR議連)の実質的顧問などを歴任。主な著書に『日本版カジノ』(共著、東洋経済新報社、03年)。


第2部 11:20〜12:10 [IR誘致最新動向]
IR設置申請予定区域(各地)のIR誘致に向けた取り組み
○地域基本コンセプト&立地(地域特性・基礎情報・地域観光資源)
○IR候補地の開発計画と経済波及効果予測
○IR誘致に向けた取り組み

北海道・苫小牧市/和歌山県/長崎県etc.

[IR 地区の認定]
@都道府県又は政令市がIR事業者を公募・選定後、区域整備計画と併せて、区域認定を申請し、主務大臣(国土交通大臣)が認定

A-2 13:30〜14:20 [事業計画へのアプローチ] 参加費3,000円 【A会場】
日本型IR(統合型リゾート)の事業計画(ゲーミング区域制限)の検証
○日本型IRのコンセプトと事業計画の検証
○ゲーミング区域面積規制「15,000u」都市型・地方型IR投資限界シミュレーション
○工夫が求められるノンゲーミング施設の整備と公共政策への対応――
 カジノ・ホテル・エンタテーイメン・MICE・商業施設(立地、マーケティング、ビジネスモデル等)

【特別ビデオメッセージ「海外投資調査会社IR担当者がみる日本IR投資可能性と条件」】

寺田 匡宏
PwCコンサルティング合同会社 
シニアマネジャー

てらだ・まさひろ●過去25年間、都市計画/建築コンサルタントとしてプロジェクト・マネジメントに携わる。2011年より、フィリピン・マニラで統合型リゾートプロジェクトの立ち上げ実務全般を、事業者の現地責任者としてリード。15年2月より現職。

A-3 14:40〜15:30[依存症対策] 参加費3,000円 【A会場】
「ギャンブル等依存症対策基本法案」と
ギャンブル産業から見たギャンブル障害への対策
○健全なギャンブルから病気へ――依存症の本質と実態
○ギャンブル依存への対応――教育・予防・相談・治療・アフターケア
○ギャンブル依存対策への関与――民間・地方自治体・国

谷岡 一郎
大阪商業大学 学長
IR*ゲーミング学会 会長

たにおか・いちろう●1956年大阪生まれ。80年慶應義塾大学法学部卒業、83年南カリフォルニア大学行政管理学部大学院修士課程修了、89年同大学社会学部大学院博士課程修了。大阪商業大学教授を経て、97年大阪商業大学学長、2005年学校法人谷岡学園理事長に就任。専門分野は、社会調査論、犯罪学、ギャンブル社会学。 『ツキの法則』(PHP研究所)、『科学研究とデータのからくり』(同)、『ギャンブルの社会学』(世界思想社)、『「社会調査」のウソ』(文春新書)など著書多数。


[トップに戻る] 


タイムテーブル



[トップに戻る]