綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


好評発売中!
変化する生活者の健康意識に訴求するには何が必要か?
長期安定性だけでなく不動産価値向上の観点からも注目される
「小規模フィットネス業態」事業化のチェックポイントと
これから需要増が見込まれる有望ビジネスモデルを開示!

ターゲット別[小規模フィットネス業態]の開発&導入計画資料集

●A4判/縦型/102頁●定価73,000円+税●2018年5月31日発刊


【発刊の狙い】
 近年、フィットネスクラブの市場規模が拡大しています。なかでも活況を呈しているのが、生活者のさまざまな健康意識に訴求している多様な[小規模フィットネス業態]です。かつての「施設提供型」から「サービス提供型」への変化を求められ、マーケットの欲求を満たすために必ずしも規模を必要とはしなくなった[小規模フィットネス業態]は、少子高齢化と対象人口減少時代のなかで社会や地域に貢献する健康維持・増進施設として、また不動産価値を高める長期安定型テナントとして注目されています。
 本資料集は、健康なライフスタイルを構築できる環境と情報提供の場として[小規模フィットネス業態]を捉え、市場のトレンドと将来展望を踏まえたうえで事業化のチェックポイントを詳解するとともに、これから需要増が見込まれる注目業態のビジネスモデルを開示します。フィットネス事業者ならびに新規参入企業、不動産オーナーやビルオーナーほか関連の皆様にご購入をお薦めいたします。


【本書の特徴】
特徴 1 現在のフィットネス市場を牽引する美(健康)意識の高い女性、女性特有の身体の不調改善を求める層をターゲットとしたビジネスモデルを開示。
特徴 2 社会環境の変化などを背景に今後の成長が期待される「フィットネス×ウエアラブル」「ワークプレイス+フィットネス」のビジネスモデルを提示。
特徴 3 対象人口減少時代と、近い将来の「ライフスタイルとしてのフィットネス」のトレンド到来を見据えた開発・運営のチェックポイントを徹底解説。

【執筆】
第2編・第3編・第4編−T 渡部 広介 株式会社フィットネスマーケティング CEO
第4編−U・V・W 荻野 智明 株式会社大丸プランニング 営業推進部 部長




数量
[編集内容]
第1編 市場動向
 1. 市場規模の推移と1営業所当たりの動向
 2. 成人の週1 日以上スポーツ実施率が50%を超える
 3. 男性75%、女性60%が「施設」でヨガを実施
 4. 大手企業の動向
 5. 総合型クラブの業態変革へ模索続く


第2編 事業環境と開発動向
 1. 急速な少子高齢化の進展と「2025 年問題」
 2. 生活者の「健康意識」の変化
 3. 多様化・深化するフィットネスニーズ
 4. 業界のライフサイクルとフィットネス業態開発の変遷
 5. 小規模フィットネス業態の分類・特性


第3編 [小規模フィットネス業態]開発・運営のチェックポイント
 1. 開発のチェックポイント
  (1) ターゲティングを成立させる基本要件
  (2) 出店立地の選定と商圏
  (3) 施設規模、店舗デザイン、投資額の考え方
  (4) コンセプトづくり、“サブカルチャー”と提供する体験価値
  (5) 導入コンテンツのプレコリオ化
  (6) フィットネスプログラム以外のサービス
 2. 運営のチェックポイント
  (1) 人材確保・人材育成
  (2) 会員(利用)システム・料金体系
  (3) 営業時間
  (4) 集客方法と固定化(離脱防止)
  (5) 生産性向上を目指した体制づくり
  (6) 管理・運営コスト
 3. 不動産活用の観点からみた小規模フィットネス業態の魅力
  (1) 不動産価値を高める小規模フィットネス業態
  (2) 複合化によるバリューアップ

第4編 ターゲット別ビジネスモデル
T 美(健康)意識の高いアグレッシブな女性
 1. 「ENERGY FIT®」のケーススタディ
  (1) 基本コンセプトとターゲット
  (2) 出店立地・商圏
  (3) 施設概要
  (4) 初期投資額
  (5) 人材登用・人員配置
  (6) プログラム
  (7) 料金体系・営業時間
  (8) 利用動向
  (9) 集客戦略
  (10) 継続の動機づけ
 2. 「ENERGY FIT®」をベースにしたモデルプラン
  (1) 設定条件と初期投資
  (2) 収入計画
  (3) 支出計画
  (4) 事業収支シミュレーション

U 女性特有の身体の不調改善をテーマにした業態
 1. 働く女性の増大で求められる健康支援サービス
  (1) 現在の女性の社会進出を取り巻く背景
  (2) 女性のヘルスリテラシー
 2. 「ルキナ」ブランドのビジネスモデル
  (1) 基本コンセプトとターゲット
  (2) 施設概要
  (3) 初期投資額
  (4) 運営概要
  (5) プログラム概要
  (6) 会員動向

V モニタリングとエンターテインメントの融合「フィットネス×ウエアラブル」
 1. 現在の社会情勢
  (1) 加速する少子高齢化・人口減少社会
  (2) 多方面に広がる情報通信技術の活用
 2. 「スピニング× VR」スタジオのビジネスモデル
  (1) 基本コンセプトとターゲット
  (2) 施設概要
  (3) 運営
  (4) 初期投資と回収計画

W ワークスタイルの変化に向けた「ワークプレイス+フィットネス」
 1. 日本で進む「働き方」の変化
  (1) ワークスタイルの変化
  (2) 変化するワークスタイルの受け皿
  (3) 働く人の健康志向の変化とフィットネス施設
 2. 賃貸オフィスビルへのフィットネスジム導入プラン
  (1) コンセプト
  (2) 施設概要──ビルオーナーのメリット
  (3) 運営──運営受託企業のメリット
  (4) 入居テナントのメリット

第5編 ケーススタディ
 1. ピラティス&ヨガスタジオ「Lien」
 2. 姿勢改善ハンモックスタジオ「B.C.STUDIO Kobe」
 3. オレンジセオリーフィットネス麻布十番
 4. Co-nect神楽坂


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail