綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


割引価格にて予約受付中!
成熟業態や成長業態、話題の新業態など40の有望ビジネスを
「レジャー事業」と「サービス事業」(各20業態)の全2巻に整理。
市場動向、事業特性、事業化のポイント、事業収支シミュレーションを解説・提示し、
注目のレジャー・サービス事業の事業性を徹底検証!!
事業収支プログラムソフトを収録したCD-ROMをセットにして販売!

【予約】[レジャー・サービス産業]ビジネスモデルプラン集(全2巻)

 第1巻 レジャー事業
 第2巻 サービス事業


●A4判/縦型/約150頁+事業収支プログラムソフト収録CD-ROM(各巻)
●定価100,000円+税(各巻)/2巻セット180,000円+税●2017年12月下旬発刊予定
予約特価90,000円+税2巻セット170,000円+税
※予約特価は2017年1221日までにお振込みいただいた方に限ります。


【ご案内】
 [レジャー・サービス産業]と捉えられる業種・業態は幅広く、それぞれにおいて事業成立のポイントが異なるほか、収益性や利回り、集客力、客単価などの特性をもっています。したがって、新規参入、業態転換、投資対象の絞り込みには業種・業態の特性を見極めたうえでの判断が求められます。
 本書では、[レジャー・サービス産業]から40業態を厳選し、業態ごとに、市場動向、事業特性、事業化のポイントを整理するとともに、投資計画、減価償却費、収入計画、支出計画および事業収支計画を提示します。さらに各業態の事業性を徹底検証いただくために、キャッシュフローや事業評価を自動算出する事業収支プログラムソフトを収録したCD-ROMをセットにしました。


【本書の特徴】
特徴 1 レジャー・サービス産業の有望40業態を「レジャー事業」と「サービス事業」の全2巻に分類し、業態ごとに市場動向、事業特性、事業化のポイントの解説および事業収支シミュレーションを掲載。
特徴 2 どの事業に投資をすべきか、どの業種に参入すべきか、どの業態に転換すべきか……
レジャー・サービス産業の成熟業態、成長業態、注目新業態の事業性を徹底検証できる。
特徴 3 初期投資、減価償却費、利用者数経年変化、収入・支出計画、事業収支計算によりキャッシュフローの経年変化が読める。
特徴 4 設定条件を入力することにより、キャッシュフローや事業評価を自動算出する事業収支プログラムソフト収録のCD-ROMをセットにして販売。
特徴 5 書籍+CD-ROMと同じ内容のデジタルコンテンツをダウンロード・CD-ROMで販売予定。
【詳細はこちら】



●全2巻セット
数量 セット

●第1巻
数量

●第2巻
数量
[編集内容]
[第1巻 レジャー事業]
第1編 アミューズメント事業
 1. インドアプレイグラウンド
 2. スポーツアミューズメント施設
 3. VRアミューズメント施設
 4. カラオケ施設
 5. 複合カフェ
 6. ライブハウス
 7. シネマコンプレックス
 8. 温浴施設
 9. 観覧車
 10. コンテンツ・キャラクターミュージアム


第2編 スポーツ事業
 1. インドアゴルフ練習場
 2. インドアテニススクール
 3. フットサルコート
 4. ボルダリングジム
 5. インドアスポーツパーク


第3編 趣味・ホビー・カルチャー事業
 1. 撮影スタジオ
 2. ダンススクール
 3. 音楽レンタルスタジオ
 4. 会員制市民農園
 5. 食品メーカー体験型コンセプトショップ




[第2巻 サービス事業]
第1編 飲食事業
 1. ビュッフェ&バイキングレストラン
 2. コーヒーショップ
 3. ファミリーレストラン
 4. そば・うどん店
 5. ステーキ&ハンバーグレストラン
 6. 定食屋
 7. 大衆中華料理店
 8. 焼鳥・串カツ専門店
 9. 低価格居酒屋
 10. ワイン酒場


第2編 健康・リラクゼーション事業
 1. ジム・スタジオ型フィットネスクラブ
 2. ヨガスタジオ
 3. マッサージ
 4. ランニング&サイクルステーション


第3編 ライフイベント・ライフスタイルサポート事業
 1. 結婚式場
 2. 企業主導型保育所
 3. 民間学童保育
 4. 幼児教室
 5. 乳幼児向け遊び場+育児用品店
 6. 複合型ペットケア施設


※各巻とも編集内容は一部変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。



【編集構成】
1. 市場規模、出店状況、利用者数の推移、利用者ニーズの変化、価格の動向、
  主要企業の動向、今後の課題・展望などの「市場動向」を説明
2. 立地条件、施設規模、施設内容、サービス内容・商品構成、利用システム、
  集客戦略、関連法規・開発許可手続き、収益構造などの「事業特性」を解説
3. 開発計画のポイント、開業計画のポイント、運営上のポイント、
  再投資のポイントなどの「事業化のポイント」を提示
4. 現在の環境に即した「事業収支シミュレーション」を明示


【事業収支プログラムソフトの内容】

設定条件を入力することにより、キャッシュフローや事業評価を自動算出

1. 投資計画
2. 追加投資
3. 減価償却計算表
4. 利用客数設定
5. 利用客数(経年)
6. 収入計画
7. 収入計画(経年)
8. 支出計画
9. 支出計画(経年)
10. 収支計画
11. 事業評価(IRR/EBITDA)


<デジタルコンテンツ版のダウンロード・CD-ROM販売のご案内>
『[レジャー・サービス産業]ビジネスモデルプラン集』(全2巻)で取り上げた40業態を以下の4つのカテゴリー(各10業態)に分け、紙面を再現したPDFファイルに事業収支プログラムソフトを付けたデジタルコンテンツ版を本書発刊後にダウンロード・CD-ROM販売いたします。

●ダウンロード・CD-ROM版のカテゴリー
 1.アミューズメント事業(10業態)
 2.スポーツ事業/趣味・ホビー・カルチャー事業(10業態)
 3.飲食事業(10業態)
 4.健康・リラクゼーション事業/ライフイベント・ライフスタイルサポート事業(10業態)
●商品構成
 PDFファイル(1カテゴリー約70ページ)/事業収支プログラムソフト(Excel)
●価格
 1カテゴリー 60,000円+税(セット割引、予約特価はありません)
●販売開始
 2017年11月下旬以降(『[レジャー・サービス産業]ビジネスモデルプラン集』発刊後)予定


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail