綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


好評発売中!!
インバウンドなどから支持され、増加する
「ホステル」、「ゲストハウス」、「カプセルホテル」!
リノベーション・コンバージョン事業としても注目される有望簡易宿所事業の
法制度から 事業化のポイント、収支計画、運営実務までを詳解!


ホステル&カプセルホテルの
開発・マーケティング計画と運営実務資料集

●A4判/縦型/114頁●定価65,000円+税●2016年1月7日発刊


【発刊の狙い】
短期間での投資回収が可能
 旅行ニーズの増大を背景に、わが国の宿泊産業は成長市場にあります。2015年の訪日外客数は11月までで1,796万人に達し、累計で過去最高を更新、東京都区内のホテルでは客室稼働率が9割を超えるといわれます。宿泊施設不足、宿泊費高騰が問題となるなか、簡易宿所の「ホステル」、「カプセルホテル」が注目されています。
 「ホステル」は、日本では「ゲストハウス」とも呼ばれ、旅館営業、簡易宿所の認可のもと、客室に相部屋(ドミトリー)があり、1人3,000〜4,000円程度の単価、宿泊者同士の交流が促せるスペースがある宿を一般的に総称しています。海外ではバックパッカーや、インバウンド旅行初心者が安く滞在し、交流を求める宿泊形態として定着しており、昨今、国内でも外国人に対応可能なサービス、高感度な施設デザインを導入したホステルが、遊休スペースや既存ホテル・ビルのリノベーションで続々開設、新築タイプも登場し人気を集めています。一方、「カプセルホテル」も従来のイメージを覆す、デザイン性や快適度が高い、女性やインバウンドにも対応できる施設が展開され、再注目されています。
 とくにホステルは、駅近立地でなくても経営可能なのが特徴で、デベロッパー側としての魅力は大きいのですが、独特の運営ノウハウが必要となります。
 本書では、実務家から「ホステル」、「カプセルホテル」の事業化のポイントとマーケティング、運営実務を詳解、また、先進事例から成功のポイントを探っております。
 新規参入を図る開発事業者、ビル・ホテルオーナー、商業施設、投資家、リーシング会社、また事業再生や拡大を目指す既存事業者の皆様にご購入をお薦めいたします。

【本書の特徴】
1 簡易宿所事業を行なう際の制度・法律を弁護士が解説!
2 独特の経営手法をもつ注目業態「ホステル」、顧客層が変化、進化している「カプセルホテル」。
両事業の開発・事業収支計画とマーケティング・運営ノウハウを実務家が詳解!
3 「ホステル」、「カプセルホテル」の注目事例を取り上げ、その実態から成功のポイントを探る!
↓↓↓
「ホステル」、「カプセルホテル」の開発・経営ノウハウを詳解いたします。

【執筆者】
第1章T
 寺田八十一 ジョーンズ ラング ラサール ホテルズ&ホスピタリティ事業部 エグゼクティブ ヴァイス プレジデント
第1章 U
 三平聡史 弁護士法人みずほ中央法律事務所 代表弁護士
第2章
 細井保裕 ニッチリッチ 代表取締役
第3章
 小原 剛 安達事業グループ 本社営業部 部長





数量
[編集内容]
カラー口絵 注目のホステル&カプセルホテル

第1章 ホステル・カプセルホテルの現状と定義
T. ホステル・カプセルホテル市場の可能性
 1. 旅館業法上の規定
 2. ホステル・カプセルホテルの特徴

  (1)ホステル
  (2)カプセルホテル
  (3)進化型
 3. 増加の背景@需要サイド
  (1)訪日外国人の増加
  (2)特定の目的をもった外国人旅行者の増加
  (3)ネットでの情報収集
  (4)ホテル宿泊料金の上昇
 4. 増加の背景A供給サイド
  (1)ホステル宿泊経験世代の壮年化
  (2)不動産リーシング市場の低迷
  (3)建築費の高騰
 5. 主なチェーンと運営状況 
 6. 今後の見通し 


U. 簡易宿所の定義と制度・法律
 1. 宿泊に関する規制全体
 2. 「旅館業」共通の制度@参入規制=許可制

  (1)許可制の基本部分
  (2)許可申請
 3. 簡易宿所の定義
  (1)旅館業法における「営業」の種類
  (2)「簡易宿所営業」の特徴
  (3)簡易宿所営業の具体例
 4. 簡易宿所営業の許可基準
 5. 「旅館業」共通の制度A行為規制

  (1)衛生管理
  (2)宿泊者名簿
  (3)調査への協力義務
  (4)行政処分
 6. 簡易宿所営業許可基準の緩和措置

第2章 ホステルの開発・運営計画
1. ホステルの現状
 1. ホステルの現状と今後
  (1)ホステル・ゲストハウスとは
  (2)ホステルの施設数
  (3)ホステルの事業者・開業場所・顧客層
  (4)今後のトレンド
 2. 世界のホステル動向
  (1)ホステルのトレンド
  (2)客層
  (3)新タイプホステルとホテル
2. 開発基本要件・事業化のポイント
 1. 適正立地
 2. 適正建物
 3. 施設規模
 4. 施設概要(必要な設備)
 5. 人員配置
 6. 料金設定

3. マーケティング上のポイント
 1. コンセプトの立て方
 2. ターゲットの設定

  (1)対象者数の考え方
  (2)アジア系
  (3)欧米系
  (4)イスラム圏
 3. 利用の傾向
 4. ホステルの競合施設
 5. ターゲット別アプローチの手法

  (1)アジア系 
  (2)欧米系
4. 運営実務のポイント
 1. 差別化策〜施設展開における差別化
 2. 人材確保・教育

  (1)人材確保とその条件 
  (2)人材教育
    〜接客とコミュニケーション力の構築
 3. 販売手法
  〜宿泊予約サイトの活用策
  (1)宿泊予約サイトの利点
  (2)利用顧客別の選択 
  (3)サイト管理の手法
  (4)販売計画の立て方と販売手法
  (5)効果的な掲載手法
 4. 事業リスクの考え方
5. ホステルの事業収支計画
 1. 収支計画の考え方
 2. 長期事業収支計画

  (1)設定条件
  (2)投資計画
  (3)月間収支計画・長期事業収支計画

第3章 カプセルホテルの開発・運営計画
1. 開発基本要件・事業化のポイント
 1. 立地について
 2. 適正規模について
 3. 料金設定 
 4. 施設概要(必要な設備/複合アイテム)
 5. 人員配置・運営体制

2. マーケティング戦略の立て方
 1. 競合施設の把握
  (1)自社施設にとっての「競合」を把握する
  (2)同じ業態のなかでの競合
  (3)「宿泊」という利用目的をめぐる競合
  (4)主要客層をめぐる競合
 2. 自社施設の「訴求ポイント」を絞り込む
  (1)自社施設の「強み」とは
  (2)他施設にはない特徴づけで差別化
 3. 顧客ニーズの把握と販促戦略の立て方
  (1)顧客調査と分析 
  (2)顧客ニーズへの対応
  (3)リピーター戦略の強化
  (4)当日需要の促進
 4. 目標達成のための取り組み
  (1)直近における取り組み
  (2)中期的取り組み案件
 5. 人材管理・教育
  (1)社員研修
  (2)組織サーベイ
3. カプセルホテルの事業収支計画
 1. 長期事業収支計画
  (1)立地条件
  (2)建築条件
  (3)施設概要
  (4)資金計画
  (5)収入計画
  (6)営業収支計画・長期事業収支計画

第4章 先進事例研究
[ホステル]
大型デザイナーズホステルが、駅近立地の新築型に続いて、
旅館のリノベーション施設も開設
ピースホステル京都/ピースホステル三条(京都府京都市)

和にこだわった空間づくり。オフィスビルを全面改装した、
大阪で最大規模のホステルが人気
ドロップイン大阪(大阪府大阪市)

築30年のオフィスビル1棟をコンバージョン。
各階に共有スペースを配し活発な交流を生み出す
IMANO TOKYO HOSTEL(東京都新宿区)

[カプセルホテル]
女性専用フロアも設置。時代に対応するカプセルホテルの草分け
グリーンプラザ新宿(東京都新宿区)

カプセルの枠を超え、ワンランク上の空間とサービスを提供する
コンパクトホテルがコミュニティ機能を付加
ファーストキャビン築地(東京都中央区)


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail