綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


好評発売中!
サ高住の市場調査から開発コンセプトづくり、募集戦略の構築、注目集客手法など
先行各社の効果的入居促進策を徹底解説!

「サービス付き高齢者向け住宅」のマーケティング・入居率向上戦略実務集

●A4判/横型/116頁●定価:本体50,000円+税●2014年7月18日発刊


【ご案内】
「サ高住」運営に不可欠なマーケティングと販促
 2011年度に制度が創設され、登録件数・戸数も約4,700件・15万1,700戸(H26.6末時点)と急速に拡大している「サービス付き高齢者向け住宅」ですが、開発ラッシュに加え住宅型有料老人ホームとの競合もあり、事業者の思惑に反し、入居率が低迷するところは少なくありません。
 きちんと収益をあげるためには高い入居率が必要ですが、それには、「想定される入居者像」や「居室のタイプと面積」「早期満室のための入居者募集戦略」など、事前のマーケティングや販促が不可欠です。また、それらを怠って、開発・運営をスタートするようでは、事業としての成功を望むのは難しいといえます。
 本書では、サービス付き高齢者向け住宅開発のマーケティング戦略と入居率向上のための集客戦略にテーマを絞り、多様化しているサ高住について、各タイプ先行各社の具体的手法を詳解いたします。また、サ高住市場の現況と課題、対応も各種データなどから解説、さらに、昨今、集客チャネルとして注目されてきた入居者紹介センターのデータから顧客ニーズを探り、サ高住運営を成功させるための方法を提示しております。
 現在、入居率低迷にお悩みの事業者、これからサ高住開発をお考えの企業様ほか関連事業者様にご購入をお奨めいたします。


【本書の特徴】
特徴1 サービス付き高齢者向け住宅の多店舗展開を実践する先行事業者における具体的なマーケティングと入居促進手法を探り、そのノウハウを詳解。さらにその手法をタイプ別に整理して提示!
特徴2 リーディングカンパニー(株)学研ココファンの市場調査の手法、販売戦略を徹底開示!
特徴3 サービス付き高齢者向け住宅をめぐる現況と課題、対応策を各種データから解説!
特徴4 集客チャネルとして注目を集める入居者紹介センターのデータから顧客ニーズを探る!
↓↓↓
サ高住事業を成功させるための手法を提示してまいります。



数量
[編集内容]

第1編 サービス付き高齢者向け住宅の最新動向と課題
1.高齢者住宅事業を取り巻く状況
 (1)高齢者住宅・施設の供給状況
 (2)高齢者住宅・施設の入居者の状況
2.サービス付き高齢者向け住宅の現状
 (1)登録件数・戸数
 (2)契約形態
 (3)事業主体/登録戸数上位の事業者
 (4)建物の特徴
 (5)費用
 (6)提供されるサービス
 (7)都道府県別の概況
3.サービス付き高齢者向け住宅をめぐる課題と対応策
 (1)制度・施策の方向性
 (2)サービス付き高齢者向け住宅のビジネスモデルの検証
 (3)ターゲット(想定入居者)別の課題と対応策
 (4)ハード面の課題と対応策
 (5)ソフト面の課題と対応策
 (6)需要と供給をつなぐ適切な情報提供体制の構築
4.サービス付き高齢者向け住宅の今後の展望

第2編 タイプ別のマーケティングと入居戦略の考え方
1.マーケティング
 1.基本的な考え方
  (1)高齢者数/高齢者世帯数
  (2)要介護者数
  (3)サービス供給状況
  (4)所得調査
  (5)行政へのヒアリング
  (6)介護事業所・介護施設へのヒアリング
 2.タイプ別にみるポイント
  (1)自立型
  (2)介護型
 3.開発計画に反映させること
  (1)規模
  (2)サービス提供の考え方
2.入居者募集の進め方
 1.訪問営業
  (1)訪問先
  (2)営業体制
  (3)営業スタッフへの研修・教育
  (4)商圏設定
  (5)営業スケジュール
  (6)病院・居宅介護支援事業所への営業における工夫と注意点
 2.その他の入居促進手法
  (1)新聞折込みチラシ/地域情報誌
  (2)紹介センター
  (3)イベント
  (4)ホームページ/ Web
  (5) その他
 3.入居者募集コスト

第3編 (株)学研ココファンにみる市場調査の進め方と入居者募集戦略
1.マーケティング
 1.会社概要、沿革/事業概要
 2.サ高住開発・運営の基本方針
  (1)メインターゲット 
  (2)立地選定 
  (3)事業モデル 
  (4)物件モデル 
  (5)サービス提供モデル 
  (6)価格モデル 
  (7)入居状況 
  (8)投資額と収支計画の考え方 
 3.市場環境の捉え方
  サ高住の市場環境の捉え方/問題点
 4.マーケティングの実務
  (1)市場調査の進め方 
  (2)開発計画に反映させること 
2.入居者募集戦略
 入居促進の手法
  (1)募集スケジュールの考え方 
  (2)訪問による営業活動 
  (3)営業体制と訪問件数 
  (4)PR 手法とチャネル 
  (5)入居者募集コストの考え方 
  (6)内覧会の告知と対応手法 
  (7)入居者募集戦略のまとめ 

第4編 主要企業のマーケティング戦略と入居促進手法
[介護型・自立型]
営業マンへの介護知識教育の徹底で顧客ニーズにキメ細かく対応
(株)メッセージ
1.会社概要、沿革/事業概要
2. サ高住開発・運営の基本方針
 (1)メインターゲット 
 (2)投資額と収支計画の考え方
 (3)事業モデル
 (4)立地選定
 (5)物件モデル
 (6)サービス提供モデル
 (7)価格モデル
 (8)運営状況
3. 市場環境の捉え方
 (1)高齢者向け住まい全般の市場の捉え方
 (2)サ高住の市場環境の捉え方
 (3)サ高住事業化における問題点・課題点
 (4)課題点への対応策と展望
4. マーケティングの実務
 (1)市場調査の進め方
 (2)開発パターン
5. 入居促進の手法
 (1)入居促進に向けた人員体制/告知の対象と効果的なアプローチ
 (2)PR手法とチャネル/スケジュールと営業活動内容/
    内覧会の告知と対応手法

[自立型]
「一社包括型」ではなく地域の介護資源を活用した「地域連携型」サ高住の戦略
(株)荒井商店

1.会社概要、沿革/事業概要
2.サ高住開発・運営の基本方針
 (1)事業モデル
 (2)立地設定
 (3)物件モデル
 (4)サービス提供モデル
 (5)価格モデル
 (6)運営状況と入居者属性
3.マーケティング
 (1)入居者のプロフィール
 (2)入居者ニーズ
4.入居促進の手法
 (1)入居促進策
 (2)販促手法
 (3)人員体制
 (4)販促対象エリア
 (5)その他の販促手法
 (6)地域連携のあり方と入居促進効果
 (7)入居契約締結までの留意点
5.事業の方向性
 (1)自立者マーケットの可能性
 (2)事業収益性の見方

第5編 紹介センターが分析するサービス付き高齢者向け住宅の入居者ニーズ
1.はじめに
2.入居動機
 (1)立場(家族形態)と身体状態からみる入居動機
 (2)要介護状態の場合
 (3)夫婦の一方が要介護状態の場合
 (4)自立の高齢者夫婦の場合
 (5)自立の独居の場合
3.身体状態からみた入居の可能性
 (1)「認知症」高齢者の場合
 (2)「身体麻痺」高齢者の場合
 (3)「寝たきり」高齢者の場合
 (4)「医療行為が必要」な高齢者の場合
 (5)自立高齢者の場合
4.顧客の属性
5.入居決断の理由と背景
 (1)自立高齢者の場合
 (2)家族が決断するとき
6.入居検討者が住宅選びで重視すること
 (1)要介護者が重視すること
 (2)自立者が重視すること
7.今後のサ高住に求められる機能、サービス
8.入居希望者が求める情報とは
9.最後に〜選ばれるための条件


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail