綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


拡大するニーズに的確に応えるには!
今後の報酬改定の動きを読み、持続可能なリハビリ特化型デイサービスの方向性を明示!

「早期医療連携」「効果とエビデンス」「介護度の維持・改善」など、
今後求められるより高度なオペレーションをどう具体化していくのか!

リハビリ特化型デイサービス事業化計画資料集

●A4判/横型/102頁●定価:本体52,000円+税●2013年10月31日発刊


【執筆】
宮野  茂 日本化薬メディカルケア株式会社 代表取締役
塩中 雅博 ポシブル医科学株式会社 代表取締役社長

【発刊の狙い】
デイサービス事業の必須要件となった「リハビリテーション」
 リハビリテーション(機能回復訓練)の提供を通じ、高齢者の自立支援を目的とする通所介護施設(デイサービス)が依然その数をふやしています。脳血管疾患などによる麻痺を抱える高齢者の増大に加え、急性期病院での在院日数の短縮など、介護保険によるリハビリに対するニーズが拡大していることがその背景にはあります。
 一方、供給側からすると、サービス提供のあり方はマッサージなどの施術系、マシンを使った筋トレ系、マシンを使わないコンディショニング系など多様ですが、いずれも比較的小規模・低投資で開業できることから、フランチャイズシステムを利用して異業種からの新規参入、あるいは既存施設からの業態転換などの動きも活発です。
 ただし、社会保障費の財源問題から、次回の介護報酬改定では収支差の大きいデイへの報酬カット、介護予防事業の介護保険から市町村事業への移行の可能性などが取り沙汰されるなか、「お預かり」型のデイはもとより、リハビリ特化型デイにおいてもこの先の市場環境は磐石とばかりはいえません。
 本書では、2012年度の報酬改定以降のデイサービスをめぐる事業環境の変化と実態を整理するとともに、リハビリ特化型デイについてその事業の仕組みから、安定経営の方策、今後の報酬改定への備えなどについて明らかにしております。


【本書の特徴】
特徴1 今後の制度変更も視野に安定経営の方向性とポイントを提示
特徴2 成功モデルをベースに、多職種連携などその運営ノウハウを具体的に詳解
特徴3 事業収支計画立案のための半日型、1日型2タイプのモデルプランを提示
特徴4 多様なタイプの先進事例の差別化戦略と運営実態を分析
特徴5 主要フランチャイズ企業各社の展開内容や加盟金等FCシステムの概要を紹介
    ↓
今後求められるリハビリ特化型デイサービスのビジネスモデルを提示します。



[編集内容]

第1編 デイサービスをめぐる事業環境と今後の方向性
介護保険制度改正・報酬改定からみえる今後のデイサービスの方向性

(1)医療保険・介護保険改正の背景
(2)医療・介護保険制度改正からみた今後の方向性
(3)通所介護(デイサービス)の定義と種類
(4)通所介護の人員・設備基準等
(5)通所介護サービスの現状
(6)2012年度介護報酬改定のポイントと方向性
(7)デイサービス事業の今後の方向性
(8)成功するデイサービス事業の基本



第2編 リハビリ特化型デイサービスの事業計画
T.事業環境の整理
1.急増するリハビリ特化型デイサービスの現状と課題

(1)介護保険の最大の目的は「自立支援」
(2)社会的背景
(3)厚生労働省が掲げる3つの重要政策
(4)デイサービスの現状と課題
2.今後の制度リスクへの対応
(1)2015年介護保険改正における3つの柱
(2)リハビリの目標設定と達成のための課題
(3)デイサービスは自費サービスへ
(4)介護報酬の動き─自助・互助と共助・公助の仕分け
(5)地域の医師と手を組む時代に
(6)早期退院と早期在宅医療・在宅ケアの国際成功モデル
─フランスのデイサービスの事例から学ぶ
3.他業態との事業性比較・棲み分け・連携の方策
(1)通所リハビリテーション
(2)訪問看護事業所(訪問看護ステーション)
(3)鍼灸・指圧・マッサージ院、接骨院
(4)フィットネスクラブ
(5)「介護予防・日常生活支援総合事業」への取組み

U.事業モデル研究
1.事業モデル

(1)利用者ニーズの分析
(2)フランチャイズシステムのメリット・デメリット
(3)人材の確保・育成・教育プログラム
(4)集客活動と利用者定着の取組み
(5)事業所の立上げから安定稼動までのスケジュール
2.運営手法と方向性〜ポシブルの例から〜
(1)ポシブルが目指す近未来モデル
(2)リハビリ事業成功の要因─運営手法と方向性
(3)今後10年間で意識すべきこと



第3編 モデルプラン
事業収支計画立案のためのモデルプラン

(1)3時間タイプ
(2)5時間タイプ



第4編 ケーススタディ
楓の風リハビリテーション颯(SOU)(東京都町田市他)/在宅療養支援 楓の風グループ
在宅療養支援をベースとしたリハビリ特化型デイサービスをFC展開

地域福祉交流センター(群馬県高崎市)/潟Gムダブルエス日高
団塊世代を見据えた次世代「選択型」。最大定員400人を誇る国内最大級のデイサービス

ルネサンス リハビリセンター神奈川県逗子市他)ルネサンス 元気ジム(横浜市他)/潟泣lサンス
フィットネス運営企業ならではの“楽しさ”の提供で順調に拠点を拡大

ポシブル京都大学前(京都市)ポシブルしも鴨(京都市)/ポシブル医科学
「必要なリハビリを必要な時に必要なだけ」の理念を具現化する



第5編 リハビリ特化型デイサービス・フランチャイズ企業一覧
主要フランチャイズ企業の特徴

nagomi/GENKI NEXT/早稲田イーライフ/LET’S倶楽部/ジョイリハ/ポシブル/悠悠いきいき倶楽部/ベストケア・デイサービスセンター/楓の風リハビリテーション颯(SOU)/リハビリデイルームやわら/デイサービスリハステージ 他

参考資料 通所介護報酬一覧


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail